女性用バイアグラはサプリ?医薬品?

女性用バイアグラというものがネットで販売されていますがこれはサプリなのでしょうか、医薬品なのでしょうか。本来のバイアグラは男性用でありEDを解消する薬ですが、女性用バイアグラは女性の性欲減退を解消し、快感を増すという効能になっています。しかし基本的に女性用バイアグラと言うものは存在しません。バイアグラを製造している会社では男性用のバイアグラは製造しているものの女性用のものは製造していません。一応不妊治療のために女性にバイアグラを処方することはありますが、あくまでも不妊治療のために使うものであり快感を増す効果や性欲を高める効果は有りません。それでは巷に出回っている女性用バイアグラとは一体何なのでしょうか。効果を分かりやすくするために女性用バイアグラと言う名称を使っているだけなのです。そして医療成分が使われているためサプリメントではなく医薬品になります。日本では医療機関で処方される薬では有りませんので海外から個人輸入をして入手することになります。一応説明書などは日本語表記になっていますので安心してください。効能としては正規の周辺に血流を促すことにより性感を高められるようになっています。ただしこれは人により効果に違いがありますのであまり効果が出ないこともあります。また副作用もありますので利用する時には気を付けてください。またバイアグラ同様禁忌症もありますので今飲んでいる薬との飲み合わせに問題が無いかも調べてください。また一日に摂取できる量も決まっています。一度飲むと必ず24時間空けてから次の薬を飲むようにしてください。女性用ということもありピンクの錠剤になっていますので職場でも問題なく飲めます。

女性用バイアグラは効果が出すぎるので少しだけでいい

女性用バイアグラの使用は、効果が高まりすぎることが以前から報告されています。本来、男性が使用することで、体中の血管は拡張することで血液循環は改善します。特にバイアグラは海綿体の血管を広げる効果がありますので、勃起補助作用があると言えるでしょう。女性の場合も同様に全身の血管の拡張作用がありますが、顔や体の火照りも報告されています。また膣やクリトリスなどの女性器につながる神経が過敏になると言われており、全体の感度はあがることは間違いありません。女性用バイアグラを使用することで、女性器は濡れやすくなり、性欲は増進しオーガズムに達しやすくなるとも言われています。またセックスだけの効果ではなく、老化を防止するという効果も報告されています。しかし、その反面で注意しなければならないことがあります。それは急激な血管拡張がおこるため【血圧の低下】も急激におこり、それに関わる重篤な症状も示唆されてくることです。それらの特徴を知った上で使用するようにしましょう。また通常のバイアグラ使用のタイミングは、効果を最大限えるために空腹時の服用をおすすめしています。服用に関しては性行為の30分前となっていますので効果を得るために必ず時間を守るようにしてください。最近では、多くの女性が性交痛や不感症改善のために女性用バイアグラを使用していることもわかっています。バイアグラを使用することによって女性におこる症状や症例は、正式に認められているものではありません。もともとバイアグラは男性用の薬ですので、女性用バイアグラの服用により副作用が全くないとは言い切れないのです。興味本位で女性用バイアグラを使用することはおすすめできません。

女性用バイアグラを飲んでるとバレたら嫌われる?

男性のセックスの悩みは性力の衰えや勃起不全、ペニスが途中で萎んでしまうことやペニスの大きさなどいろいろあって解決策や治療薬、サプリメントも数多く知られています。しかし、女性も同じようにセックスで悩んでいることがあまり知られていなくて公に話したりする機会もないので、1人で不感症やセックスレスに悩んでいる人もたくさんいます。そんな女性をサポートしてくれるのが最近登場した「女性用バイアグラ」です。男性が使用するバイアグラと同じような成分で、血行をよくする効果があるので服用すると性器の周りの血の巡りが促進されて感じやすくなったり、濡れない悩みなどを改善することができると言われています。女性用バイアグラを飲んでいることを夫や彼氏に知られると気まずいと思って内緒にしている人も多く、バレたら嫌われるかも知れないのでこっそり服用するケースも目立ちます。錠剤タイプの薬なら普通の薬やサプリメントと見た目が変わらないので特にバレる心配もなく安心して飲めるので問題がなく、セックスの前にさりげなく服用しておけば自然に感じることができて不感症の悩みを和らげたり、頂点に達する確率もアップします。男性を喜ばせるために感じていることを演じている女性も多いので、女性用バイアグラを使うことで本当に気持ちよいセックスができればお互いに気分よく性生活を楽しむことができるので、男性は妻や彼女が不感症で悩んでいることに気がついたら責めずにフォローしてあげることを心がけましょう。不感症や性機能障害の悩みを相談できる婦人科のクリニックや心療内科などもあるので、1人で悩んだり薬を使い始める前に診察を受けてみるのも有効な手段です。

ページの先頭へ戻る